メインナビゲーション


配信

東京ニュース通信社は、TVガイド等の出版活動で培った番組表制作のノウハウと、放送各局とのネットワーク網を使い、全国の新聞社にラジオ・テレビ欄番組情報を配信しています。サービス開始から33年をへた今日、日本経済新聞社・読売新聞社・毎日新聞社・産経新聞社など、現在その加盟社数は100を超えます。配信の内容としては、ラジオ・テレビ番組表のデイリー配信のほか、週間、隔月間および月間サイクルの番組情報や、テレビ各局の話題を集めたラ・テニュース版、人気番組の解説記事などを集めた週間番組ハイライト版など、視聴形態の変遷や新聞社の要望に応じて対象領域を広げています。スターインタビュー、CM裏話、ジャンル別番組ガイドなど様々な特別配信も実施しており、ラ・テ情報のスペシャルサプライヤーとしてニーズを先取りした新商品の開発に努めています。

ラテ欄配信システム

2拠点配信によるバックアップ体制

新聞社へ毎日ラジオ・テレビ欄の番組情報を配信する当社としては、いざという時のバックアップ体制が重要なインフラのひとつとなっています。大規模な地震、災害などによって、新聞社へ配信ができなくなるということは、最も避けなければならない事態です。

このため当社は、東京のデータサーバーと配信サーバーを、耐震性が高く、自家発電を備えた外部のデータセンターに預けています。2011年3月11日に発生した東日本大震災では、東京も震度5強の地震に襲われましたが、データセンターは地震の影響をまったく受けず、通常通りの配信を提供、その安全性を証明できました。

さらに東京だけではなく、九州の福岡市に西日本メディアセンターを置き、東京とまったく同じデータサーバーと配信サーバーを設置しています。同センターには東京本社と同程度のスタッフを配置、日常の配信業務を本社と分け合う形で担当しています。これによって万が一、東京の機能が使えない場合でも、同センターから全国の新聞社に通常通りの配信が可能な体制を敷いています。

商品のご案内

当社は皆様が一番良くご存知の毎日の新聞のテレビ欄(ラジオ・テレビ番組欄配信)以外にも、週間番組表配信などの配信業務を実施しております。詳しくは企画営業一部までお問い合わせください。

▲トップに戻る


会社案内メニュー



Copyright(C)Tokyo News Service, Ltd. All Right Reserved.