メインナビゲーション


文化事業

向田邦子賞

向田邦子賞とは

東京ニュース通信社が主催する向田邦子賞とは、故・向田邦子さんがテレビドラマの脚本家として、数々の作品を世に送り出し活躍してきた功績を讃え、現在のテレビ界を支える優秀な脚本作家に贈られる賞として、1982年に制定されたものです。

選考方法 毎年4月1日から翌年3月31日まで、原則として放送されたテレビドラマの脚本を対象に、毎年4月上旬に選考委員会を開き、前年度の作品を選考して発表します。
賞品 受賞者には、本賞の特製万年筆と副賞の300万円が贈られます。
向田邦子
■向田邦子(むこうだ くにこ)
1929年11月28日 東京都世田谷区生まれ

1952年に雄鶏社に入社し、雑誌の編集に携わりながら脚本を学ぶ。同社を退社した後、脚本家として「時間ですよ」「寺内貫太郎一家」「阿修羅のごとく」を含め、20年間で1000本以上もの作品を残した。また、小説家として、短編の連作「花の名前」「かわうそ」「犬小屋」で、第83回直木賞(1980 年)を受賞。その他に、エッセイにも定評があり、「父の詫び状」「夜中の薔薇」なども有名である。こうして、多数の作品を手がける中、1981年8月、台湾上空で飛行機による不慮の事故によって51歳の若き生涯を終えた。

▲トップに戻る


Copyright(C)Tokyo News Service, Ltd. All Right Reserved.