メインナビゲーション


文化事業

向田邦子原作

向田邦子新春ドラマ「春が來た」

放映期間 1982/1/1
放送局 テレビ朝日
放映時間 後9:00〜10:43
原作 向田邦子
脚本 柴英三郎
演出 久世光彦
出演 桃井かおり、松田優作、三国連太郎、加藤治子
あらすじ 売れ残りのOLが男と出会い別れるまでの半年間と、男が女の家族と関わっていく様子を描く。

ドラマ人間模様「胡桃の部屋」

放映期間 1982/5/2〜5/23 (全4回)
放送局 NHK総合
放映時間 後8:50〜9:35
原作 向田邦子
脚本 楠田芳子
演出 深町幸男
出演 いしだあゆみ、小林桂樹、久我美子、杉浦直樹
あらすじ 向田の自伝的同名小説をドラマ化。勝気で良く気のつく三十娘・桃子の物語。

向田邦子新春スペシャル

放映期間 1985/1/9〜1/23 (全3回)
放送局 TBS
放映時間 後9:00〜10:23
原作 向田邦子、「眠る盃」「夜中の薔薇」ほかより
脚本 柴英三郎
演出 久世光彦
ナレーション 黒柳徹子
出演 第1回「眠る盃」(1/9)
工藤夕貴、森繁久彌、加藤治子

第2回「夜中の薔薇」(1/16)
石原真理子(石原真理絵)、いしだあゆみ、小林亜星

第3回「冬の家族」(1/23)
桃井かおり、小林薫
あらすじ ある平凡な家庭のヒロインと家族の足取りを、昭和10年代から30年代にわたって描く。

朗読ドラマ「男どき女どき(おどきめどき)」

放映期間 1985/8/5〜8/8 (全4回)
放送局 NHK総合
放映時間 後10:10〜10:30
原作 向田邦子、(男どき女どき)
脚本 内館牧子
演出 吉村芳之
出演 岸本加世子、長塚京三、平泉成、左右田一平、高橋長英、石田弦太郎、花沢徳衛
あらすじ

向田邦子新春スペシャル「女の人差し指」

放映期間 1986/1/8
放送局 TBS
放映時間 後9:00〜10:23
原作 向田邦子
脚本 寺内小春
演出 久世光彦
出演 田中裕子、加藤治子、小林薫、四谷シモン
ナレーション 黒柳徹子
あらすじ 昭和初期の日本を舞台に戦前の町の風物、東京の正月を、ひとりの女性を通して細やかに描く。

東芝日曜劇場「花嫁」

放映期間 1986/4/6
放送局 TBS
放映時間 後9:00〜9:54
原作 向田邦子
脚本
演出 高畠豊
出演 竹脇無我、岸本加世子、波乃久里子、小林聡美
あらすじ 母の老後を心配する子供たちが、父の七回忌の夜に縁談を持ってきた。求婚された母親の二度目の春。1977年に放送された同脚本の別スタッフによるリメイク版。

ドラマスペシャル「父の詫び状」

放映期間 1986/11/1
放送局 NHK総合
放映時間 後9:00〜10:30
原作 向田邦子、「父の詫び状」より
脚本 ジェームス三木
演出 深町幸男
出演 杉浦直樹、吉村実子、長谷川真弓、大塚ちか子、沢村貞子、井川比佐志
ナレーション 岸本加世子
あらすじ 典型的な亭主関白のカミナリ親父は、食事やタオルも特別。その母は彼を私生児として育てた。'87年プラハ国際テレビグランプリ。第13回放送文化基金賞。遺族の希望により、演出は深町幸男となった。

向田邦子新春スペシャル「麗子の足」

放映期間 1987/1/7
放送局 TBS
放映時間 後9:02〜10:54
原作 向田邦子
脚本 寺内小春
演出 久世光彦
出演 田中裕子、加藤治子、佐藤慶、森繁久彌、永島敏行
ナレーション 黒柳徹子
あらすじ 2・26事件で散った恋人への想いから性に目覚め、麗子は自然にあるべき姿になっていく。

現代恐怖サスペンス「向田邦子の鮒」

放映期間 1987/7/20
放送局 関西テレビ
放映時間 後10:00〜10:54
原作 向田邦子「男どき女どき」より
脚本 野波静雄
演出 吉川一義
出演 香山美子、井上順、香山美子、長谷川真由美
あらすじ

向田邦子新春スペシャル「男どき女どき(おどきめどき)」

放映期間 1988/1/6
放送局 TBS
放映時間 後8:00〜9:48
原作 向田邦子、「男どき女どき」「眠る盃」ほかより
脚本 寺内小春
演出 久世光彦
出演 田中裕子、小林薫、加藤治子、渡辺えり子
あらすじ なにをやってもうまくいかない悲しい女が、懐かしい昭和を背景に力強く生きる様を描く。

土曜ドラマスペシャル 向田邦子特別企画「わが母の教えたまいし」

放映期間 1989/1/14
放送局 TBS
放映時間 後10:02〜11:54
原案 向田邦子
脚本 金子成人
演出 久世光彦
出演 田中裕子、小林薫、加藤治子、田村高廣
あらすじ 戦前の中産階級の家庭を舞台に、3人の娘と未亡人の母の日常生活をさりげなく描く。

東芝日曜劇場「春が来た」

放映期間 1989/4/30
放送局 TBS
放映時間 後9:00〜9:54 
原作 向田邦子
脚本 竹山洋
演出 井下靖央
出演 古手川祐子、赤木春恵、藤岡琢也、川野太郎
あらすじ 1982年1月に放送された新春ドラマのリメイク。

向田邦子新春スペシャル「隣の神様」

放映期間 1990/1/4
放送局 TBS
放映時間 後9:00〜10:54
原案 向田邦子
脚本 金子成人
演出 久世光彦
出演 田中裕子、小林薫、加藤治子、国生さゆり
あらすじ ささやかに暮らす母娘と3姉妹の家に、知人の娘の駆け落ち相手が連れられてくる。

向田邦子メモリアル「じゃがいも」

放映期間 1990/3/22
放送局 テレビ朝日
放映時間 後8:00〜9:48
原作 向田邦子
脚本 田口耕三
演出 山内和郎
出演 森光子、佐野浅夫、吉澤京子、三浦友和、沢田亜矢子
あらすじ 人情味あふれる下町のコロッケ屋の女主人。父親の借金の為に、暴力団に脅される息子の友人を助けることに。

思い出トランプ

放映期間 1990/9/21
放送局 TBS
放映時間 後10:00〜10:54
原作 向田邦子
脚本 寺内小春
演出 久世光彦
出演 田中裕子、小林薫、加藤治子、洞口依子
あらすじ 誤って息子にケガをさせたことで夫婦仲がこわれ、息子の治療をした医師と深い仲になる。

月曜ドラマスペシャル 向田邦子新春シリーズ「女正月」

放映期間 1991/1/7
放送局 TBS
放映時間 後9:00〜10:54
原案 向田邦子
脚本 金子成人
演出 久世光彦
出演 田中裕子、小林薫、加藤治子、南果歩
あらすじ 長女の心中しようとした男の友人が、次女の婚約者として親の前に現れた。

月曜ドラマスペシャル 向田邦子新春シリーズ「華燭」

放映期間 1992/1/6
放送局 TBS
放映時間 後9:00〜10:54
原作 向田邦子
脚本 金子成人
演出 久世光彦
出演 田中裕子、小林薫、加藤治子、坂東八十助
あらすじ 太平洋戦争開戦直前の頃、一家で母親代わりを勤める娘と、父の弟子の恋の行方を描く。

月曜ドラマスペシャル 向田邦子10周年メモリアル「新・寺内貫太郎一家」

放映期間 1991/11/25
放送局 TBS
放映時間 後9:00〜10:54
原作 向田邦子
脚本 金子成人
演出 久世光彦
出演 小林亜星、加藤治子、いしだあゆみ、柳葉敏郎、段田安則
あらすじ 息子や娘たちのトラブルが続発。いつもなら爆発するはずの貫太郎は、糖尿病で迫力がない。

月曜ドラマスペシャル 向田邦子新春シリーズ「家族の肖像」

放映期間 1993/1/11
放送局 TBS
放映時間 後9:00〜10:54
原案 向田邦子
脚本 金子成人
演出 久世光彦
出演 田中裕子、小林薫、加藤治子、相楽晴子
あらすじ 父の十三回忌に見知らぬ女が参列。女は父の隠し子だと言う。長女は女に優しい母が理解できない。

月曜ドラマスペシャル 向田邦子新春シリーズ10周年記念作品「いとこ同志」

放映期間 1994/1/10
放送局 TBS
放映時間 後9:00〜10:54
原作 向田邦子「眠る盃」「無名仮名人名簿」より
脚本 金子成人
演出 久世光彦
出演 田中裕子、小林薫、加藤治子、相楽晴子
あらすじ 昭和15年。母と娘3人の女所帯にいとこが居候。その男に対する長女の恋心を淡々と描き出す。

月曜ドラマスペシャル 向田邦子新春シリーズ「風を聴く日」

放映期間 1995/1/9
放送局 TBS
放映時間 後9:00〜10:54
原作 向田邦子
脚本 金子成人
演出 久世光彦
出演 田中裕子、小泉今日子、加藤治子、菅原謙次、藤田敏八、高田敏江、鶴見辰吾、風吹ジュン
あらすじ 1939年の東京・池上。長沢家の長女の絹子が嫁ぎ先から実家に帰る。長沢家では、父親が1年半前に家出。病気がちな母と娘たちが家を守っていた。

月曜ドラマスペシャル 向田邦子終戦特別企画「いつか見た青い空」

放映期間 1995/8/7
放送局 TBS
放映時間 後9:00〜10:54
原作 向田邦子「父の詫び状」「眠る盃」ほかより
脚本 山元清多
演出 久世光彦
出演 岸恵子、清水美砂、戸田菜穂、林美穂、筒井道隆、江波杏子、椎名桔平、藤田敏八、四谷シモン
あらすじ

月曜ドラマスペシャル 向田邦子新春シリーズ「響子」

放映期間 1996/1/8
放送局 TBS
放映時間 後9:00〜10:54
原案 向田邦子「思い出トランプ」「眠る盃」ほか、松山巌「闇のなかの石」より
脚本 筒井ともみ
演出 久世光彦
出演 田中裕子、森繁久彌、小林薫、洞口依子、加藤治子、吉行和子、藤田敏八、筒井康隆
あらすじ 1938年。老舗石材店の店主が他界し、嫁は店をたたむ決心をする。

向田邦子ドラマスペシャル「かわうそ」

放映期間 1996/9/19
放送局 テレビ東京
放映時間 後9:02〜10:54
原作 向田邦子
脚本 寺内小春
演出 深町幸男
出演 十朱幸代、渡瀬恒彦、細川俊之、国生さゆり
あらすじ

月曜ドラマスペシャル 向田邦子新春シリーズ「空の羊」

放映期間 1997/1/6
放送局 TBS
放映時間 後9:00〜10:54
原案 向田邦子「眠る盃」「父の詫び状」ほかより
脚本 金子成人
演出 久世光彦
出演 田中裕子、小林薫、戸田菜穂、田畑智子、萩原聖人、西島秀俊、三木のり平、名古屋章、四谷シモン、加藤治子
ナレーション 黒柳徹子
あらすじ 夫を戦争で亡くし、実家に戻ってつつましく暮らしてい女のところに、叔父が落語家を連れてくる。

月曜ドラマスペシャル 向田邦子終戦特別企画「蛍の宿」

放映期間 1997/8/4
放送局 TBS
放映時間 後9:00〜10:54
原案 向田邦子「父の詫び状」「眠る盃」ほかより
脚本 山元清多
演出 久世光彦
出演 岸恵子、清水美砂、田畑智子、戸田菜穂、荻野目慶子、椎名桔平、山本太郎、藤田敏八、四谷シモン
ナレーション 黒柳徹子
あらすじ

月曜ドラマスペシャル 向田邦子新春シリーズ「終わりのない童話」

放映期間 1998/1/12
放送局 TBS
放映時間 後9:00〜10:54
原案 向田邦子「眠る盃」「父の詫び状」ほかより
脚本 金子成人
演出 久世光彦
出演 田中裕子、小泉今日子、萩原聖人、田畑智子、加藤治子、石堂淑朗、勝村政信
ナレーション 黒柳徹子
あらすじ 1939年の東京。6年前に夫を亡くし、実家に戻った女が、初老の男性が捨てた原稿用紙を拾う。彼は元大学講師で左翼活動の指導的立場にあったが、弟子の信頼を失い、娘と人目を避けるように暮らしていた。

月曜ドラマスペシャル 向田邦子終戦特別企画 「昭和のいのち」

放映期間 1998/8/10
放送局 TBS
放映時間 後9:00〜10:54
原作 向田邦子
脚本 山元清多
演出 久世光彦
出演 岸恵子、清水美砂、戸田菜穂、田畑智子、北村一輝、松居直美、四谷シモン、高田敏江、藤真利子、小林薫
ナレーション 黒柳徹子
あらすじ

向田邦子ドラマスペシャル「寺内貫太郎一家'98秋」

放映期間 1998/9/24
放送局 TBS
放映時間 後9:00〜10:54
原作 向田邦子
脚本 金子成人
演出 久世光彦
出演 小林亜星、加藤治子、西城秀樹、樹木希林、浅田美代子、城島茂、森公美子、高田次郎、近田春夫
あらすじ 石材業を営む一家を舞台に、下町情緒あふれる大家族の笑いと涙の物語を綴る。

月曜ドラマスペシャル 向田邦子新春スペシャル「小鳥のくる日」

放映期間 1999/1/11
放送局 TBS
放映時間 後9:00〜10:54
原案 向田邦子
脚本 金子成人
演出 久世光彦
出演 田中裕子、戸田菜穂、小林薫、田畑智子、加藤治子、町田康、今井雅之、岩崎加根子、四谷シモン
ナレーション 黒柳徹子
あらすじ

月曜ドラマスペシャル 向田邦子終戦特別企画「あさき夢見し」

放映期間 1999/8/9
放送局 TBS
放映時間 後9:00〜10:54
原案 向田 邦子「眠る盃」「父の詫び状」ほかより
脚本 山元清多
演出 久世光彦
出演 岸恵子、清水美砂、戸田菜穂、田畑智子、藤村志保、小林薫、天本英世、松居直美、内田春菊
ナレーション 黒柳徹子
あらすじ シリーズ5作目。1945年3月の東京大空襲で焼け出され、田舎の料亭の世話になることになった母と娘二人の女所帯を軸に、そこに出入りする人々の敗戦の日までを描く。

2000年正月スペシャル 向田邦子新春ドラマ「あ・うん」

放映期間 2000/1/1
放送局 TBS
放映時間 後9:00〜10:54
原作 向田邦子「あ・うん」より
脚本 筒井ともみ
演出 久世光彦
出演 田中裕子、小林薫、樋口可南子、串田和美、森繁久彌、池脇千鶴、窪塚洋介、高田聖子、四谷シモン、柳谷寛、筒井真理子、竹中直人
ナレーション 加藤治子
あらすじ 向田邦子シリーズの特別編。1935年、製薬会社に勤める仙吉は本社の課長に昇格。妻と一人娘を伴い、四国から3年ぶりに東京に戻った。

向田邦子ドラマスペシャル 寺内貫太郎一家2000

放映期間 2000/9/22
放送局 TBS
放映時間 後8:00〜9:54
原作 向田邦子
脚本 金子成人
演出 久世光彦
出演 小林亜星、加藤治子、西城秀樹、浅田美代子、大塚寧々、加藤晴彦、樹木希林、名古屋章、小倉久寛、梅津栄、ラサール石井、近田春夫
あらすじ 長女・静江(大塚寧々)の縁談を先方が理由を言わずに断ってきた。娘に恥をかかせたと怒る貫太郎(小林亜星)に、周平(西城秀樹)が家業のせいで断られたと言い出したことから、大げんかになる。

さらば向田邦子 風立ちぬ

放映期間 2001/2/12
放送局 TBS
放映時間 後9:00〜10:54
原作 向田邦子
脚本 金子成人
演出 久世光彦
出演 田中裕子、宮沢りえ、田畑智子、戸田菜穂、小林薫、加藤治子、町田康
あらすじ 向田邦子シリーズ最終回。昭和14年。8年前に夫を亡くした里子(加藤治子)は、長女・たき乃(田中裕子)、次女・はつ江(宮沢りえ)、三女・のぶ代(田畑智子)らと細々と生計を立てて暮らしている。ある日、はつ江に海軍中尉の立花(町田康)との縁談が持ち上がり・・・。

向田邦子新春ドラマスペシャル

放映期間 2005/1/4
放送局 日本テレビ
放映時間 後9:00〜11:54
原作 向田邦子「冬の運動会」
脚本 田渕久美子
演出 水田伸生
出演 岡田准一、長谷川京子、植木等、國村隼、樋口可南子、寺島しのぶ、井川比佐志、長谷川京子
あらすじ 大学生の菊男(岡田准一)は、商社マンの父親と折り合いが悪い。居づらい家のかわりに、菊男は、偶然知り合った中年夫婦宅で、我が家のようにのびのびと過ごしていた。実は菊男の祖父・健吉(植木等)も、父・遼介(國村隼)も、それぞれ自分の隠れ家を作っていて・・・。

▲トップに戻る


Copyright(C)Tokyo News Service, Ltd. All Right Reserved.