メインナビゲーション


文化事業

「東京ニュース通信社」トップページ > 向田邦子賞 > 歴代受賞者 第27回:古沢良太

向田邦子賞 歴代受賞者

第27回(2008年度) 向田邦子賞

受賞者 古沢 良太(こさわ りょうた)
受賞作品 「ゴンゾウ〜伝説の刑事」
2008年7月2日〜9月10日(全10回)(テレビ朝日系)放送
脚本/古沢良太
プロデューサー/松本基弘、伊東仁、須藤泰司、横塚孝弘
監督/猪崎宣昭、橋本一
出演/内野聖陽、筒井道隆、本仮屋ユイカ、高橋一生、大塚寧々ほか
音楽/池頼広
制作/テレビ朝日、東映
受賞理由 「ゴンゾウ〜伝説の刑事」は、刑事ドラマであり、連続ドラマであり、さまざまな制約があったであろうと思われます。その枠組みの中、作家としての挑戦を感じる作品でした。達者な構成力、はりめぐらせた伏線等、視聴者を楽しませることに心血を注ぐ精神とセンスは授賞に値すると判断いたしました。今後、違うジャンルへの挑戦を含め、テレビドラマの脚本家としての更なる飛躍を期待します。おめでとうございます。

古沢 良太氏プロフィール

生年 1973年8月6日、神奈川県出身
経歴 脚本家、戯曲家。2002年、漫画家のアシスタントを描いた「アシ!」(テレビ朝日)で第2回テレビ朝日21世紀新人シナリオ大賞を受賞し脚本家デビューする。映画「ALWAYS三丁目の夕日」(2005年)で第29回日本アカデミー賞最優秀脚本賞受賞。
主な作品 「動物のお医者さん」(2003年 テレビ朝日)、「おいしいごはん 鎌倉・春日井米店」(2007年 テレビ朝日)、「相棒」season4,5,6,7(テレビ朝日)、「外事警察」(2009年 NHK)、「鈴木先生」(2011年 テレビ東京)、「リーガル・ハイ」(2012年 フジテレビ)ほか

▲トップに戻る


Copyright(C)Tokyo News Service, Ltd. All Right Reserved.