メインナビゲーション


文化事業

「東京ニュース通信社」トップページ > 向田邦子賞 > 向田邦子作品一覧 1959年−1969年

向田邦子作品一覧 1959年−1969年

ダイヤル110番

放映期間 1959/9/3〜1964/9/6
放送局 日本テレビ
放映時間 後8:00〜8:30
原作
脚本
執筆回数 第55、59、93回
演出 北川信
出演 松村達雄、玉川伊佐男、鈴木瑞穂
あらすじ 警視庁も全面協力した本格的“捜査もの”の草分け。刑事たちの地道な活動をリアルに描いていく。

きんとま一代

放映期間 1964/1/2
放送局 NET(現・テレビ朝日)
放映時間 後4:00〜5:00
原作 井上貞治郎
脚本 相良準、向田邦子
執筆回数
演出 森繁久彌
出演 森繁久彌、淡島千景、三木のり平、立原博
あらすじ

ナショナル劇場「七人の孫」

放映期間 1964/1/6〜7/6 (全26回)
放送局 TBS
放映時間 後8:00〜8:56
原作 源氏鶏太
脚本 相良準、向田邦子
執筆回数 第6回
演出 山本和夫
出演 森繁久彌、大坂志郎、加藤治子、勝呂誉、いしだあゆみ
あらすじ 明治生まれの硬骨漢祖父と孫たちを中心に、さまざまな事件が巻き起こるホームドラマ。

ナショナル劇場「七人の孫」

放映期間 1965/6/7〜1966/2/28
放送局 TBS
放映時間 後8:00〜8:56
原作
脚本
執筆回数 第3、6、10、17、19、24、36回
演出 久世光彦、柳井満ほか
出演
あらすじ

日産スター劇場「おたまじゃくしは蛙の子」

放映期間 1966/8/27
放送局 日本テレビ
放映時間 後9:30〜10:30
原作 服部公一「パパとママの音楽手帳」
脚本
執筆回数
演出 大久保豊
出演 黒柳徹子、川崎敬三、山茶花究、三條美紀、南原宏治、イーデス・ハンソン
あらすじ 服部公一のエッセイを原作に音楽教育に奔走する夫婦を描く。

うちの大物

放映期間 1967/4/16 〜9/24
放送局 フジテレビ
放映時間 後8:00〜8:56
原作
脚本 向田邦子ほか
執筆回数
演出 太地恒夫
出演 坂本九、宇野重吉、中尾ミエ、左卜全 
あらすじ 都会的センスとことごとく食い違う、古風な教育を受けた男の行動をユーモラスに描く。

肝っ玉かあさん

放映期間 1968/4/4 〜 11/28 (全35回)
放送局 TBS
放映時間 後8:00〜8:56
原作
脚本 平岩弓枝、向田邦子
執筆回数 執筆回数不明
演出 鈴木利正
出演 京塚昌子、山口崇、長山藍子、岡本信人、新克利、佐野浅夫、山岡久乃
あらすじ お人好しだが威勢のいいそば屋の主人、肝っ玉母さんと家族の喜怒哀楽。

若草物語

放映期間 1968/4/4 〜6/27 (全13回)
放送局 NET(現・テレビ朝日)
放映時間 後9:00〜9:30
原作
脚本 向田邦子、田井洋子
執筆回数 執筆回数不明
演出
出演 芦川いづみ、山本陽子、伊藤るり子、川口晶
あらすじ 性格の違う4人姉妹が幸せな結婚とは何かを求めながら、成長していく過程をさわやかに描く。

水曜劇場「色はにおえど」

放映期間 1968/5/1〜9/25 (全22回)
放送局 TBS
放映時間 後9:30〜10:30
原作
脚本
執筆回数 第3回
演出 柳井満ほか
出演 池内淳子、春川ますみ、川崎敬三
あらすじ 女盛りの女性の姿をあらゆる角度から探求しようというもの。いろいろな女性の姿を描く。

顎十郎捕物帖

放映期間 1968/5/27〜8/5 (全11回)
放送局 TBS
放映時間 後8:00〜8:56
原作
脚本
執筆回数 第4、6回
演出 久世光彦
出演 若林豪、高島史旭、志村喬、大原麗子
あらすじ 男の目の前で、江戸に荒らしまわる黒覆面の手先として引っ張られた町人。男は捜査に立ち上がる。

水曜劇場「きんきらきん」

放映期間 1969/1/1〜4/2 (全14回)
放送局 TBS
放映時間 後9:30〜10:30
原作
脚本
執筆回数 第3、7回
演出 高橋一郎
出演 若尾文子、二谷英明、藤岡琢也、横山道代、森次浩司、土田早苗
あらすじ 父親である寺の住職が亡くなり、変な坊さんがやってきた。ハイミス長女の奮戦が始まる。

守ルモ攻メルモ

放映期間 1969/1/16〜4/10 (全13回)
放送局 TBS
放映時間 後9:00〜9:30
原作
脚本
執筆回数 第1、7、13回
演出 久世光彦
出演 浅丘ルリ子、高橋悦史、堺正章、春川ますみ
あらすじ 父が残していった古い病院に格安料金で間借りしている7人の男女と主人公の立退き攻防戦。

嫁ゆかば

放映期間 1969/1/28 〜7/22 (全26回)
放送局 日本テレビ
放映時間 後9:30〜10:26
原作
脚本 長坂秀佳、秋山正、宮内婦貴子、寺島アキ子、麻生大仁、向田邦子、吉田進、滝沢真理
執筆回数 執筆回数不明
演出 木下亮、若林幹
出演 団令子、中村竹弥、小林千登勢、川津祐介
あらすじ いたずら心でうった芝居がひょんなことから本当になり、大学時代の教授に恋をする。

奇妙な仲

放映期間 1969/4/16〜6/25 (全10回)
放送局 TBS
放映時間 後9:30〜10:30
原作 芝木好子
脚本
執筆回数 第2、4回
演出 鴨下信一
出演 新珠三千代、池部良、吉田次昭、仲谷昇
あらすじ 仲のいい中年夫婦と、妻のいとことの愛すべき“三角関係”をコミカルに描く。

ナショナル劇場「S・Hは恋のイニシアル」

放映期間 1969/4/28〜7/28 (全13回)
放送局 TBS
放映時間 後8:00〜8:56
原作
脚本
執筆回数 第5、7回
演出 平山晃生
出演 布施明、石立鉄男、梓英子、ジュディ・オング、大坂志郎
あらすじ 張り切りすぎて失敗ばかりの駆け出し記者。彼の周囲の4人の女性はイニシアルがみんなS・H。

ポーラ名作劇場「花れんこん」

放映期間 1969/7/21〜9/8 (全8回) 
放送局 TBS
放映時間 後10:00〜11:00
原作 芝木好子
脚本
執筆回数 全8回
演出 須田雄二
出演 池内淳子、進藤英太郎、児玉清、松山英太郎
あらすじ キビキビ立ち働く一方で、家では父と姉妹の世話。好きな男とは結婚できないという下町娘の哀感。

イヤデスさん

放映期間 1969/11/11〜12/30
放送局 NET(現・テレビ朝日)
放映時間 後10:00〜11:00
原作 里見
脚本
執筆回数
演出
出演 新珠三千代、池部良、井上孝雄、春川ますみ 
あらすじ 版画以外に何も分からない男やもめの巨匠の元に、未亡人が内弟子として住み込んだ。

閉店時間

放映期間
放送局
放映時間
原作
脚本 向田邦子、服部佳(服部ケイ)
執筆回数 執筆回数不明
演出
出演
あらすじ 映画脚本を書いていた服部ケイさんが初めてドラマを書いた作品。

▲トップに戻る


Copyright(C)Tokyo News Service, Ltd. All Right Reserved.