客船紹介

にっぽん丸
NIPPON MARU
伝統を生かし、和やかな“日本型クルーズ”を確立

礼宮殿下が支綱切断して進水した、にっぽん丸は質の高いレジャークルーズの提供のために誕生。ふじ丸では横に設計されているパブリックスペースを縦に配置し、船員たちが理想とする「静かで揺れない船」を実現している。エンターテイメントに日本の伝統芸能を取り入れたり、和食ディナーを開発したりと“日本型クルーズ”を確立。大阪商船時代からの伝統を生かしつつ、新たな形態のクルーズを試行錯誤してきたが、その根幹にあったのは“乗船客の声”。和やかな“日本型”の雰囲気はスタッフと乗船客が創造した独自の世界といえるだろう。
にっぽん丸

船体データ
運航会社 商船三井客船 造船所 三菱重工業神戸造船所
総トン数 21,903トン 就航年 1990年
全長 166.6メートル 船籍 日本
全幅 24メートル 主要航海海域 世界全域
喫水 24.7メートル 命名者
巡航速度 18ノット 初代にっぽん丸(1972年就航)の船名を継承
機関 ディーゼル
10,450ps×2基
コールサイン JNNU
船舶電話 090−302−60750
ファックス 090−302−67967

船内構成 キャビン仕様
乗 組 員 180名 電  圧 100V
乗客定員 600名 テ レ ビ あり
乗客デッキ数 9デッキ DVDデッキ あり
全キャビン数 202室 電  話 あり(船内専用のみ)
身障者用キャビン 2室 冷 蔵 庫 あり
バスタブ あり(一部)
ルームサービス あり

船内施設
ダイニングルーム 1(1回制が基本)
クラブ&バー 4
エレベーター 3
プール あり
ジャクジー あり
カジノ あり
スロットマシン なし
ジ ム あり
サウナ あり
マッサージ あり
シアター あり
ライブラリー あり
子供用遊戯施設 なし
セルフサービス洗濯機 あり

船内生活
船内通貨
クレジットカード
VS、AX、MC、DC、JCBほか
シングル使用追加代金 60%
ステートルームABのみ40%
食事内容 和洋
チップ制 なし

デッキランチ ドルフィンホール プール
デッキランチ ドルフィンホール プール

問い合わせ先  商船三井客船 03-5211-5240



客船紹介のトップへ戻る